• ブルゴーニュ・ワイン(Bourgogne Wine)
  • シャンパーニュ (Champagne)
  • ボルドー・ワイン(Bordeaux Wine)
  • アルザス・ワイン(Alsace Wine)
  • ポート・ワイン(Port Wine)
  • マデイラ・ワイン(Madeira Wine)
  • イタリア・ワイン(Italy Wine)
  • バックヴィンテージ特集
  • 白ワインセール
  • 新着ワイン
  • シャンパーニュセール
  • おすすめワイン
  •  
  • ワインセット
  •  
  •  AC ブルゴーニュ・セール
  •  
  • 1,000円台以下のワイン
  • ブルゴーニュ・グラン・クリュ
  •  
  • 売れ筋ランキング
  •  
  • よりどり 3 本、4,950 円
  •  
  • 冬のワインセール (Winter Wine Sale)
  • ブルゴーニュ・プルミエ・クリュ
  •  
  • マルセル・ダイス
  •  
  • ルー・デュモン
  •  
  • ルフレーヴ (Leflaive)
 

モレ・サン・ドニ、クロ・ド・ラ・ロッシュ (Clos de la Roche)

クロ・ド・ラ・ロッシュ (Clos de la Roche)
モレ・サン・ドニ (Morey Saint Denis) のグラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑)であるクロ・ド・ラ・ロッシュ (Clos de la Roche) は、「モレ・サン・ドニで、もっともしっかりした構成のワインを生み出すグラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) である。」 (フランスワイン、テロワール・アトラス) と評価され、モレ・サン・ドニの最高峰に位置付けられる区画の一つです。
クロ・ド・ラ・ロッシュのワインは、ジュヴレ・シャンベルタン (Gevery-Chambertin) のグラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) シャンベルタン (Chamberitn) に近い味わいとして知られ、長期熟成に耐え得る酸と深遠な立体感や複雑味を持つ傑出したワインとして評価されています。
クロ・ド・ラ・ロッシュの区画は、モレ・サン・ドニとジュヴレ・シャンベルタンとの境界にあり、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) のマゾワイエール・シャンベルタン (Mazoyeres-Chambertin) やラトリシエール・シャンベルタン (Latricieres-Chambertin) と接しています。
クロ・ド・ラ・ロッシュは、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) のシャンベルタン (Chambertin) を含む、ジュヴレ・シャンベルタンにあるグラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) と同じ丘の斜面にあり、ワインの味わいには、近似性が見られます。
クロ・ド・ラ・ロッシュは、土壌に大きな石が多く混ざっていることから、フランス語で「岩石」を意味する「ラ・ロッシュ」 (La Roche) という名前が付いたと言われています。
実際、クロ・ド・ラ・ロッシュの近くには、かつて採石場があり、切り出された石は様々な用途でもちいられていました。
「クロ」 (Clos) は、「石垣」を意味し、現存する石垣は一部ですが、クロ・ド・ラ・ロッシュは、かつて石垣で囲まれていたぶどう畑でした。
クロ・ド・ラ・ロッシュの歴史は古く、キリスト教がフランスに広がる前、ケルト人の僧侶が、クロ・ド・ラ・ロッシュで産出されるロッシュ (La Roche, 岩) を宗教的儀式における捧げものとして利用していたという伝承が残っています。
クロ・ド・ラ・ロッシュのぶどう畑は、石灰岩主体の土壌で、表土の厚さは僅か 30 cm しかなく、現在も砂利や大きな石塊があちこちに露出しています。
クロ・ド・ラ・ロッシュのぶどう畑は、東向き斜面に広がり、水はけが良く、午前中から正午にかけて日差しがよく当たります。
ぶどう樹の根は、水や養分を求めて地中深くまで伸び、その結果、健康で強いブドウの木が育ち、凝縮度が高く、複雑味とミネラル感が際立つ高品質な果実が実ります。
優れたぶどう果実が実るクロ・ド・ラ・ロッシュのワインは、「個性的で、グラン・クリュのシャンベルタンに近く、重厚である。初めは、赤や黒い果実のアロマに先行され、腐葉土やトリュフの香りが現れる。」 (フランス AOC ワイン辞典) と言われ、例えば、「このグラン・クリュのワインは、ブルゴーニュで最も偉大なワインの一つである。」 (R. パーカー氏) と、称賛されています。
クロ・ド・ラ・ロッシュ (Clos de la Roche)
クロ・ド・ラ・ロッシュの区画は、元々、4.57 ha の広さでしたが、1936 年の原産地呼称制度の導入時と 1971 年に周辺の優良畑を一部取り込んだことにより、現在は、16.9 ha に拡大しています。
「大きなぶどう畑なので、ボトルを見つけるのはたやすい。所有者の名前の長いリストができるが、同様にネゴシアン・ボトルの長いリストもできる。さらに驚くべきことは、それらのボトルが全体的に非常に質が高いことで、他の大きなグラン・クリュをはるかに上回る。」 (ヒュー・ジョンソン氏) と言われ、どの造り手のワインも高く評価されています。
「クロ・ド・ラ・ロッシュの本質が現れるまでには、かなりの時間が必要であり、くすぐるような触感は無いが、それでもこの村の他のワインにはない、潜在的なミネラル感と緊張感が感じられる。」 (ヒュー・ジョンソン氏) と言われ、長期熟成によって素晴らしい真価を発揮する傑出したワインです。
クロ・ド・ラ・ロッシュの造り手の中で、最も名高いワインを生み出しているのは、ポンソです。
ポンソは、クロ・ド・ラ・ロッシュの中にある、区画が拡大する前の部分に当たる、リュー・ディ (Lieu-dits, 小区画) クロ・ド・ラ・ロッシュ (Clos de la Roche) の最大所有者であり、「つまりポンソのクロ・ド・ラ・ロッシュこそ真のクロ・ド・ラ・ロッシュということになる。ポンソのワインはグラン・クリュであっても決して色調がくどくなく、しかし、力強さがみなぎっている。長期熟成のポテンシャルは素晴らしく、熟成のピークを迎えたこのワインはまさに多面的な複雑さを見せる。」 (ラック・コーポレーション) と評価される偉大なワインを生み出しています。
ポンソのクロ・ド・ラ・ロッシュは、ポンソのフラグシップに位置付けられる極上ワインであり、ポンソは、クロ・ド・ラ・ロッシュについて、「独自の意見を披露する資格がある。」 (ヒュー・ジョンソン氏) と別格扱いされる素晴らしいワインを生み出しています。
クロ・ド・ラ・ロッシュの造り手としては、ポンソの他にも、デュジャック、アルマン・ルソーなどの錚々たる造り手がぶどう畑を所有し、有名な造り手たちは勿論、それ以外の造り手であっても、夫々が素晴らしいワインを生み出しています。
これらの事実は、クロ・ド・ラ・ロッシュのテロワールが、薄い表土、水はけの良い土地、日照に優れる東南向きの斜面、石灰岩の基盤層など、力強く重厚で深遠、立体感ある長期熟成型の素晴らしいワインを生み出す条件を備える理想的な区画であるということを証明しています。

ブルゴーニュのワイン・生産者

表示切替: 並び順:
2件中1件~2件を表示
2件中1件~2件を表示

Pick Up

  • シャンパーニュ(Champagne)のワイン
  • シャブリジェンヌ(Chablisienne)のワイン
  • ルフレーヴ(Leflaive)のワイン
  • ルー・デュモン(Lou Dumont)のワイン

Buyer’s Select

  • ジトン・ペール・エ・フィス(Gitton Pere et Fils)のワイン
  • カーヴェス・メッシアス(Caves Messias)のポートワイン

楽天ペイ
楽天ペイでお支払いただけます。
楽天スーパーポイントを獲得・ご利用いただけます。
ペイペイ (PayPay)
ペイペイ (PayPay) でお支払いただけます。
あとペイディ (Paidy)
あと払いペイディ (Paidy) でお支払いただけます。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日は商品発送、お問い合わせ対応の休業日とさせていただきます
※お届け日は土日祝日もご指定いただけます
※商品のご注文は24時間ホームページより承っております

ポルトガルワイン・フランスワインなど各国ワイン通販 店長のワインブログ
QR

ページトップへ