• ブルゴーニュ・ワイン(Bourgogne Wine)
  • シャンパーニュ (Champagne)
  • ボルドー・ワイン(Bordeaux Wine)
  • アルザス・ワイン(Alsace Wine)
  • ポート・ワイン(Port Wine)
  • マデイラ・ワイン(Madeira Wine)
  • イタリア・ワイン(Italy Wine)
  • バックヴィンテージ特集
  • 白ワインセール
  • 新着ワイン
  • シャンパーニュセール
  • おすすめワイン
  •  
  • ワインセット
  •  
  •  AC ブルゴーニュ・セール
  •  
  • 1,000円台以下のワイン
  • ブルゴーニュ・グラン・クリュ
  •  
  • 売れ筋ランキング
  •  
  • よりどり 3 本、4,950 円
  •  
  • 冬のワインセール (Winter Wine Sale)
  • ブルゴーニュ・プルミエ・クリュ
  •  
  • マルセル・ダイス
  •  
  • ルー・デュモン
  •  
  • ルフレーヴ (Leflaive)
 

ポマール、レ・リュジアン (Les Rugiens)

レ・リュジアン (Les Rugiens)
ポマール (Pommard) のプルミエ・クリュ (1er Cru, 一級畑)であるレ・リュジアン (Les Rugiens) は、ポマールにて、同じくプルミエ・クリュ (1er Cru, 一級畑) のレ・ゼプノ (Les Epenots) と共に、ポマールにおけるフラグシップと位置付けられる区画です。
ポマールに関する最古の記述は、1005 年頃の文書に遡り、13 ~ 14 世紀には、ぶどう畑の所有者についての記述が増え、シトー派修道会、マルタ騎士団などの教会勢力がポマールにぶどう畑を所有していました。
レ・リュジアンのぶどう畑は、中世の頃から優れたワインを生み出す区画として、教会の僧侶たちによって認識され、ポマール最高峰の特別な区画として認識されていました。
19 世紀には、ブルゴーニュのコート・ド・ボーヌ (Cote-de-Beaune) の赤ワインおいて、コルトン (Corton) と並んで、ポマールのレ・リュジアンとレ・ゼプノは、最高峰の評価を受けていました。
ブルゴーニュのワインが、「ボーヌのワイン」と呼ばれていた時代から、ポマールのワインは、評価が高く、別格とされていたため、村の名前で取引されていました。
そのため、1924 年には、ブルゴーニュの他の地域に先駆けて、ポマールというアペラシオン (栽培地区) と栽培品種を政府に認めさせていました。
また、ポマールにある、レ・リュジアンとレ・ゼプノの区画は、一貫してグラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) に匹敵する高い市場評価を得ていました。
高い市場評価を得ていたポマールのレ・リュジアンとレ・ゼプノですが、1936 年のブルゴーニュ・ワイン格付けの際、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) の認定から外されました。
ポマールの代表者たちは、当時、ポマールにグラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) が出来ることよりも、ポマールと偽ったワインやスパークリングワインが市場に流通し、ポマールのワイン全体の市場評価を毀損していたため、ポマール全体のアペラシオンの価値を守ることへの対応に優先して取り組んでいました。
また、ポマールにグラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) が出来ることで、一部の生産者が違う評価を得ることへの違和感やポマール全体の融和と団結を優先事項としていたため、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) への関心が薄く、レ・リュジアンとレ・ゼプノは、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) 認定の機会を逸したと言われています。
レ・リュジアンとレ・ゼプノは、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) 認定を逸しましたが、その後の市場評価において、夫々のワインとも一貫して高く評価され、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) と遜色ない評価を維持、ポマールの数ある区画の中でも別格とされています。
レ・リュジアン (Les Rugiens)
レ・リュジアンの区画から生み出されるワインは、土壌を構成する粘土質と鉄が、ワインにポマールのワインらしいパワフルさと、コート・ド・ボーヌでは他に類を見ない気品を与えています。
例えば、「リュジアンは、非常にバランスが良く、グラン・クリュに匹敵するコクを備えていて、アペラシオンで最も力強いワインである。」 (フランスワイン、テロワール・アトラス) と、極めて高く評価されています。
また、レ・リュジアンは、「その生産者にとってはもちろんであるが、少なくない数のバイヤーが、名前以外は、グラン・クリュのレベルにあると認めている。確かに、リュジアンのワインは、コルトンの平均的な価格と同じぐらい高い。」 (ヒュー・ジョンソン氏) と評価され、多くのワイン・ファンやプロフェッショナルの方が、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) に比肩するワインと位置づけています。
レ・リュジアンは、区画上部のレ・リュジアン・オー (Les Rugiens Haut) と区画下部のレ・リュジアン・バ (Les Rugiens Bas) のリュー・ディに (Lieu-dits, 小区画) に分かれています。
特に評価が高いのは、レ・リュジアン・バであり、ボーキサイトを含む赤土を含む土壌から、「力強くエレガント、全てを兼ね備える。複雑味にしても深みにしても熟成年数にしても他を上回るスケール感を見せる。」 (ラック・コーポレーション) と評価される傑出したワインが生み出されます。
このような市場評価を踏まえ、2000 年代から、ポマール村内では、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) 昇格に向けた機運が高まりました。
そして、2011 年 8 月、ポマールの生産者組合は、レ・リジュアン (Les Rugiens) とレ・ゼプノ (Les Epenots) の区画について、グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) への昇格をINAO (国立原産地名称研究所) に申請することを決めました。
19 世紀のブルゴーニュ・ワインの評価では、レ・リジュアン (Les Rugiens)、レ・ゼプノ (Les Epenots) の区画は最高の評価を獲得していること、現在でも、ワインの品質について、コルトン (Corton) やクロ・ヴージョ (Clos Vougeot) など他グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) 比べても遜色ない評価を得ていること、ワインの価格も他グラン・クリュ (Grand Cru, 特級畑) のワインに比肩する水準にあることを挙げています。
歴史あるポマールのアペラシオンにフラグシップ誕生への期待が高まっています。

ブルゴーニュに関する特集

 AC ブルゴーニュ・セール (AOC Bourgogne Sale)  AC ブルゴーニュ (AOC Bourgogne)
 ブルゴーニュ、グラン・クリュ (Bourgogne, Grand Cru, 特級畑)  ブルゴーニュ、プルミエ・クリュ (Bourgogne, 1er Cru, 一級畑)

ブルゴーニュのワイン・生産者

表示切替: 並び順:
2件中1件~2件を表示
2件中1件~2件を表示

Pick Up

  • シャンパーニュ(Champagne)のワイン
  • シャブリジェンヌ(Chablisienne)のワイン
  • ルフレーヴ(Leflaive)のワイン
  • ルー・デュモン(Lou Dumont)のワイン

Buyer’s Select

  • ジトン・ペール・エ・フィス(Gitton Pere et Fils)のワイン
  • カーヴェス・メッシアス(Caves Messias)のポートワイン

楽天ペイ
楽天ペイでお支払いただけます。
楽天スーパーポイントを獲得・ご利用いただけます。
ペイペイ (PayPay)
ペイペイ (PayPay) でお支払いただけます。
あとペイディ (Paidy)
あと払いペイディ (Paidy) でお支払いただけます。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日は商品発送、お問い合わせ対応の休業日とさせていただきます
※お届け日は土日祝日もご指定いただけます
※商品のご注文は24時間ホームページより承っております

ポルトガルワイン・フランスワインなど各国ワイン通販 店長のワインブログ
QR

ページトップへ