• ブルゴーニュ・ワイン(Bourgogne Wine)
  • シャンパーニュ (Champagne)
  • ボルドー・ワイン(Bordeaux Wine)
  • アルザス・ワイン(Alsace Wine)
  • ポート・ワイン(Port Wine)
  • マデイラ・ワイン(Madeira Wine)
  • イタリア・ワイン(Italy Wine)
  • バックヴィンテージ特集
  • 白ワインセール
  • 新着ワイン
  • シャンパーニュセール
  • おすすめワイン
  •  
  • ピノ・ノワール特集
  •  
  •  AC ブルゴーニュ・セール
  •  
  • 1,000円台以下のワイン
  • ブルゴーニュ・グラン・クリュ
  •  
  • 売れ筋ランキング
  •  
  • よりどり 3 本、4,950 円
  •  
  • 春のワインセール (Winter Wine Sale)
  • ブルゴーニュ・プルミエ・クリュ
  •  
  • マルセル・ダイス
  •  
  • ルー・デュモン
  •  
  • ルフレーヴ (Leflaive)
 

ポイヤック (Pauillac, Bordeaux) のワイン

フランス・ワイン産地、ポイヤックのぶどう畑
ポイヤックは、メドックの真髄とも言うべき、ワインを生産する銘醸地!!
「カベルネ・ソーヴィニヨン王国」と言われ、力強く、凝縮され、長く熟成させることがえきる上質なワインが生み出される!!
ポイヤック (Pauillac) は、メドック (Medoc) の真髄ともいうべきワインを生産する世界的な名声を誇る銘醸地です。
メドックの真髄を生む土壌

ポイヤックでは、力強く、よく凝縮され、長く熟成させることができ、鉛筆の芯のミネラル、ブラックカント、杉や檜・タバコのニュアンスを持つ上質なワインが生産されます。
ポイヤックは、「カベルネ・ソーヴィニヨン王国」と言われ、同種の栽培比率が80%に達します。
砂利が厚く堆積する上部層の下に、砂質の泥灰土や粘土、石灰岩の岩盤のある二層構造の土壌は、水はけに優れ、地中温度が下がりにくく、収穫時期の遅いカベルネ・ソーヴィニヨンの果実を十分に熟させることができる類稀な土地です。

フランス・ワイン産地、ポイヤックのぶどう畑
ポイヤックは、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に理想的な恵まれた土地、メドック格付け第一級の「五大シャトー」をはじめ傑出した生産者が集まっている!!
ポイヤックには、1855年のボルドー・メドック格付け第一級「五大シャトー」の内、ラフィット・ロートシルト (Lafite Rothschild)、ラトゥール (Latour)、ムートン・ロートシルト (Mouton Rotschild) の3つ、それ以外の格付けシャトーが15ある恵まれた産地です。
偉大なワインを生む土壌

ポイヤックにある 1,200 ha のぶどう畑は、ポイヤックの町から北側にある標高 30 m とやや高く、小丘を形成している地区、ポイヤックの町から南側にある低地と小高い丘のある地区の二つに区分できます。

ポイヤックの町北側にある小丘には、ラフィット・ロートシルトムートン・ロートシルトがあり、ポイヤック北部の氷河期に堆積した小丘を分け合い、小丘斜面のぶどう畑は、石灰岩の岩盤上に砂利が 4m 堆積しています。
小丘の傾斜と砂利による日光の反射が、十分な日照と地中温度をもたらし、収穫期の遅いカベルネ・ソーヴィニヨンを理想的に成熟させます。

ポイヤックの町南側に広がる低地には、この地区を代表する区画として、ラトゥールの最上級区画「ランクロ」(l’Enclos) があり、「ランクロ」のぶどうは、全てラトゥールのグラン・ヴァンに用いられます。
この地区は、サン・ジュリアン (Saint-Julien) 同様にジロンド (Gironde) 川に近いことがぶどう果実の理想的な成熟に大きな役割を果たし、アペラシオンの西側にある畑に比べ、ぶどう果実は、2 ~ 3 日早く完熟します。
土壌は石や砂利と同時に粘土の比率が高いものの排水能力に優れ、力強く、生命力に満ちた極上ワインが生み出されます。

また、ラトゥールの邸館と邸館を取り囲むぶどう畑は、「ラトゥールの心臓部中の心臓部」 (ヒュー・ジョンソン氏) と言われます。
このぶどう畑は、ポイヤック南部のジロンド川を見下ろす丘の上にあり、砂利の上部層と粘土の下部層の二層構造が土壌に適度の水と地中温度をもたらしています。
ポイヤックの町南側に広がる低地と同様に、ジロンド川に近いことから、急激な温度変化からぶどうを守り果実の成熟が促され、しっかりとした骨格、果実風味と喜悦、華やかなアロマを備えたワインを生み出すカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に理想的な区画です。

フランス・ワイン産地、ポイヤックのぶどう畑
ポイヤックを代表する生産者として、メドック格付け第一級の「ラフィット・ロートシルト」、「ラトゥール」、「ムートン・ロートシルト」、第二級の「ピション・ロングヴィル・バロン」、「ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド」などが挙げられる!!
ポイヤックには、ボルドーを代表する世界的な名声を誇る偉大な生産者が集まっています。
理想的な自然条件、ワインの特徴

ポイヤックを代表する生産者として、メドック第一級格付けのシャトーのラフィット・ロートシルト、ムートン・ロートシルト、ラトゥールが挙げられます。

ラフィット・ロートシルトは、メドック第一級格付けの筆頭と評価されています。

ボルドーで最も有名なシャトーであり続けている。そして、エレガントで小さめの、控えめなラベルと共に、富、名声、歴史、尊敬、そして驚くほど長命なワインの代名詞となっている。」(R. パーカー氏) 、「エレガントさとフィネス、そしてもちろん長く瓶熟する能力、これがラフィットの真髄である。1960 年代から 1970 年代半ばまで、それほど秀逸とは言えない時代もあったが、それ以降のラフィットは、揺らぐことがない。1995 年からのワインは、重厚さとしっかりした骨格を獲得し、同時に果実味の純粋さときめ細かさも獲得している。」 (ヒュー・ジョンソン氏) と称賛されています。

ムートン・ロートシルトは、メドックの 1855 年格付けから 118 年経った 1973 年に第一級へ昇格するという偉業を唯一成し遂げたシャトーです。

「ムートンは、ポイヤックの第一級の中で、常に豊饒なワインであり、そのエキゾチックで、肉感的な性質は、ラフィットの洗練された物腰や、ラトゥールの鋼のような強靭さと好対照をなしている。とはいえ、ポイヤックであることに変わりはなく、色調、力強さ、ミネラルはしっかりと残され、長熟の可能性は疑いようもない。」 (ヒュー・ジョンソン氏)、「疑問の余地なく、私が飲んだボルドーの最も偉大なワインのいくつかはムートンだ。偉大なヴィンテージにおけるムートンの豪華さが、ラフィット・ロートシルトの生硬な優美さや、パフルで、タニックで、濃厚で筋肉質なラトゥールとは、かなり異なるスタイルを持っている。」 (R. パーカー氏) と絶賛されています。

ラトゥールは、「今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。」 (R. パーカー氏) と評価される男性的で剛健、スケールの大きなワインを生み出しています。

「ラトゥールを描写する時、必然的に男性を修飾するときに使う形容詞が多くなる。いま、すぐに心に浮かぶ言葉は、力強さ、生命力に満ちた、筋肉質の、などであり、それに色調、深さ、ミネラルの印象などもラトゥールの全体像を描き出すときに役立つ。」 (ヒュー・ジョンソン氏)、「ラトゥールは、頑固なまでに熟成に時間がかかることも特筆すべきだろう。たっぷり 20 ~ 25 年は、瓶熟成させないと、相当なタンニンの殻を脱ぎ捨てて、気絶するほど素晴らしい力強さや深み、豊かさを見せてくれるようにはならないのである。このスタイルは、評論家から剛健、男性的、頑強などと言われてきた。」 (R. パーカー氏) と評価されています。

メドック第二級格付けでは、ピション・ロングヴィル・バロン (Pichon-Longueville Baron)、ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド (Pichon-Longueville Comtesse de Lalande) があります。
17 世紀までは一つのシャトーだったこの二つのシャトーは、1980 年代頃から何れも評価を高め、ボルドー・トップクラスの傑出したワインを生み出しています。

ピション・ロングヴィル・バロンは、「現在では、その誉れ高い二級の地位にふさわしいものとなっている。美辞麗句や宣伝効果はさておき、ピション・ロングヴィル・バロンが 1986 年以降に造っているワインは、ポイヤックが再びふたつの偉大なピションを得たという歴然たる証拠である。このシャトーが 1990 年代のスーパースターのひとつとなったことも証明されている。ピション・ロングヴィル・バロンは、常にメドックで最も荘厳なワインのひとつとなっている。」 (R. パーカー) と評価されています。

ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドは、「最も人気があり、1978 年以降は、ポイヤックで最も一貫して輝きのあるワインであることは間違いない。このコミューンの三つの名高い一級シャトーにも肩を並べるほどである。1961 年以来、ピション・コンテス・ド・ラランドのワインは、大変な成功を収めてきた。が、1970 年代終わりから 1980 年代初めにかけて、ランクザン夫人のエネルギッシュな指揮のもとで、その品質が劇的に向上したのは疑う余地のないことだ。」 (R. パーカー) と評価されています。

これら以外にも、ポイヤックには素晴らしい生産者が沢山あります。
デュアール・ミロン・ロートシルト (Duhart Milon Rotschlid)、ランシュ・バージュ (Lynch Bages)、ランシュ・ムーサ (Lynch Moussas)、ポンテ・カネ (Pontet Canet)、グラン・ピュイ・ラコスト (Grand Puy Racoste)、ダルマイヤック (d’Armaihac) などの優れた生産者が沢山あり、ワイン愛好家にとって憧れの銘醸地となっています。

フランス・ワイン産地、ポイヤックのぶどう畑
ワイン評論家のヒュー・ジョンソン氏は、ポイヤックの優れた生産者として、以下のシャトーを紹介しています。
卓越した生産者一覧

・ラフィット・ロートシルト (Lafite Rotschild)
「ラフィット・ロートシルトの不朽の栄光を誰も無視することはできない。1855 年格付け第一級の首位の座を一度たりとも譲り渡したことのないシャトーのセラーには、1855 年以前のヴィンテージさえ眠っている。常にエレガントさが前面に出るそのスタイルは、ほとんど変わることがない。ラフィットの精髄であるテロワールは、シャトーの誇りである持続性と伝統に裏打ちされ、さらに優美な輝きを見せ、類稀なるワインを生み出す。

・ラトゥール (Latour)
「ラトゥールを描写する時、必然的に男性を修飾するときに使う形容詞が多くなる。1980 年代半ばを除き、ラトゥールは、長い間顕著な一貫性を示してきた。現在も例外ではないが、変わったことがあるとしたら、さらに一段質が高まっているということだ。」

・ムートン・ロートシルト (Mouton Rotschild)
「バロン・フィリップ・ド・ロートシルトは、このシャトーのために、ほとんど独力で、それ以前も、またそれ以降も、他のシャトーが成功したことのない偉業を成し遂げた。すなわち第一級への昇格である。彼は、1988 年に亡くなったが、その娘のフィリピーヌは、父に劣らぬ想像力を発揮しながら、ムートンを率いている。

・ピション・ロングヴィル・バロン (Pichon-Longueville Baron)
「ピション・ロングヴィルは、典型的なポイヤック・スタイルである。豊かで、力強く、落ち着きがあり、余韻が長い。色調は暗く、果実の凝縮感があり、感動的。そして長く熟成する可能性を示す骨格がある。」

・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド (Pichon-Longueville Comtes de Lalande)
「ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドの特徴は、まず何よりもブレンド中メルローの比率が高いことである。メルロー全体で、ぶどう畑面積の 35 % を占めている。メルローの比率が高いことによって、このシャトーのワインには、独特の魅力的な豊潤さ、エレガントさ、ベルベットの触感がもたらされている。

・ランシュ・バージュ (Lynch Bages)
「ランシュ・バージュの改革と改良は、1980 年代の秀逸なヴィンテージの連続へと結実し、それ以来、ランシュ・バージュは、絶好調が続いている。ランシュ・バージュは、これまで常に、その豊かな風味と果実味の芳醇さで称賛されてきた。このワインには、ラフィットのエレガントさよりも、ムートンの堂々とした風格が感じられる。」

・ポンテ・カネ (Pontet Canet)
「最近、ボルドー愛好家の間で、ポンテ・カネが二つの点で話題になっている。一つはワインの質が劇的に向上していること、そしてもう一つは、ぶどう畑をビオディナミで管理していることである。私の知る限りでは、ポンテ・カネは格付けシャトーの中で、この大胆な方針を打ち出した唯一のシャトーである。」

・グラン・ピュイ・ラコスト (Grand Puy Lacoste)
「グラン・ピュイ・ラコストは、通好みのワインで、徹底徹尾ポイヤック的である。このワインは、伝統的な方法で造られた古典的なポイヤックである。豊かで、生気に溢れているが、バランスも良く、風格があり、ブラックカント、ヒマラヤスギ、ミネラルの微香がある。」

ボルドーの主要地区・生産者

サン・テステフ (Saint Estephe) ポイヤック (Pauillac)
サン・ジュリアン (Saint Julien) マルゴー (Margaux)
オー・メドック (Haut-Medoc) ペサック・レオニャン (Pessac Leognan)
グラーヴ (Graves) サン・テミリオン (Saint Emilion)
ポムロール (Pomerol) ボルドー右岸 (Bordeaux Right Bank)
ソーテルヌ (Sauternes) アントル・ドゥー・メール (Entre-Deux-Mers)
ボルドー (Bordeaux) ボルドーの生産者 (Producers, Bordeaux)
表示切替: 並び順:
5件中1件~5件を表示
5件中1件~5件を表示

Pick Up

  • シャンパーニュ(Champagne)のワイン
  • シャブリジェンヌ(Chablisienne)のワイン
  • ルフレーヴ(Leflaive)のワイン
  • ルー・デュモン(Lou Dumont)のワイン

Buyer’s Select

  • ジトン・ペール・エ・フィス(Gitton Pere et Fils)のワイン
  • カーヴェス・メッシアス(Caves Messias)のポートワイン

楽天ペイ
楽天ペイでお支払いただけます。
楽天スーパーポイントを獲得・ご利用いただけます。
ペイペイ (PayPay)
ペイペイ (PayPay) でお支払いただけます。
あとペイディ (Paidy)
あと払いペイディ (Paidy) でお支払いただけます。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日は商品発送、お問い合わせ対応の休業日とさせていただきます
※お届け日は土日祝日もご指定いただけます
※商品のご注文は24時間ホームページより承っております

ポルトガルワイン・フランスワインなど各国ワイン通販 店長のワインブログ
QR

ページトップへ