• ブルゴーニュ・ワイン(Bourgogne Wine)
  • シャンパーニュ (Champagne)
  • ボルドー・ワイン(Bordeaux Wine)
  • アルザス・ワイン(Alsace Wine)
  • ポート・ワイン(Port Wine)
  • マデイラ・ワイン(Madeira Wine)
  • イタリア・ワイン(Italy Wine)
  • バックヴィンテージ特集
  • 白ワインセール
  • 新着ワイン
  • シャンパーニュセール
  • おすすめワイン
  •  
  • ワインセット
  •  
  •  AC ブルゴーニュ・セール
  •  
  • 1,000円台以下のワイン
  • ブルゴーニュ・グラン・クリュ
  •  
  • 売れ筋ランキング
  •  
  • よりどり 3 本、4,950 円
  •  
  • 冬のワインセール (Winter Wine Sale)
  • ブルゴーニュ・プルミエ・クリュ
  •  
  • マルセル・ダイス
  •  
  • ルー・デュモン
  •  
  • ルフレーヴ (Leflaive)
 

コート・デ・バール (Cote des Bar)

コート・デ・バール (Cote des Bar)
シャンパーニュ (Champagne) のコート・デ・バール (Cote des Bar) は、モンターニュ・ド・ランス (Montagne de Reims)、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ (Vallee de la Marne)、コート・デ・ブラン (Cote des Blancs) などのシャンパーニュ中心地から南東に約 90 km 離れた場所にあり、ピノ・ノワールの栽培を主力とする一大ぶどう栽培地区です。
コート・デ・バールでは、マルヌの白亜質から成る平原が、波状に入り組んだ谷を形成し、入り組んだ谷の斜面にぶどう畑が広がっています。
シャンパーニュの中心地よりも南に位置していますが、標高が 100 m ほど高いため、年間平均気温は、10 ℃ とシャンパーニュ中心地よりも冷涼であり、雨量が多い傾向にあります。
コート・デ・バールの土壌は、白亜質の基盤層の上に、ブルゴーニュのシャブリ (Chablis) 地区と同じキンメリジャン土壌が広がっています。
コート・デ・バールは、ブルゴーニュのシャブリ地区と同じ土壌が広がっているものの、シャブリ地区よりも冷涼な為、ピノ・ノワールの栽培に適しており、ピノ・ノワールが栽培面積の 85 % を占めています。
コート・デ・バールのピノ・ノワールは、冷涼な気候から綺麗で豊かな果実味を備えた素晴らしい品質を誇り、栽培面積は大きくないもののシャルドネやピノ・ムニエの品質も極めて高い水準にあります。
コート・デ・バール (Cote des Bar)
コート・デ・バールは、かつてシャンパーニュの生産地域から外されそうになるなど波乱に富んだ歴史を持っています。
フランスでは、19 世紀より農産物を本物と偽物に区別しようという動きが始まり、シャンパーニュについては、1908 年の政令にてコート・デ・バールで造られたワインは、シャンパーニュと名乗れなくなりました。
それでも、多くのシャンパーニュ・メゾンは、コート・デ・バールからぶどうを買い続けていましたが、1911 年に政令の厳格な適用が始まると、不公平な扱いに対して、コート・デ・バールにて暴動が発生、シャンパーニュのアペラシオンを回復するための運動が地域全体に広がります。
やがて、コート・デ・バール地域全域における、デモや税金の不払い運動に発展、議員の辞任が相次ぎ、125 もの市場村議会が閉鎖される事態に発展します。
コート・デ・バールの生産者たちは、1911 年にガストン・チェック (Gaston Cheq) 氏をリーダーとして、ぶどう栽培者を守るための団体を結成します。
また、フランス政府は、ぶどう畑の調査委員会に視察させ、調査委員会は、コート・デ・バールの生産者たちに肯定的な見解を示します。
しかし、フランス政府の閣僚評議会が調査委員会の報告を否決したことで、生産者たちの反感を買います。
コート・デ・バールの生産者たちは、一致団結し、村々からぶどう栽培農家や生産者たちが集まり、2 万人もの大規模デモに発展します。
世論やメディアは、コート・デ・バールの生産者たちに肯定的であり、政府は、混乱を収拾するために、1908 年の政令を撤回、新たな政令を施行します。
しかし、フランス政府による新しい政令は、シャンパーニュのアペラシオン回復を目指すコート・デ・バールの生産者にとっては不名誉なものでした。
コート・デ・バールのぶどうを買い付けて、シャンパーニュ中心地にあるメゾンが造る場合は、「シャンパーニュ」 (Champagne) を名乗ることができるにもかかわらず、コート・デ・バールで造られる場合は、「バス・シャンパーニュ」 (Basse Champagne)、「シャンパーニュ・ドゥジエム・ゾーン (二級品地区) 」 (Champagne Deuxieme Zone) と名乗なければならかったためです。
コート・デ・バールの生産者たちのシャンパーニュのアペラシオンを回復するための運動は、その後も続き、第一次大戦による中断がありながら、第一次大戦後に再び活発化します。
1927年、遂にフランス政府は、生産者たちの主張を認め、コート・デ・バールで造られたワインも「シャンパーニュ」を名乗れるようになり、ようやく、決着がつきます。
現在、コート・デ・バールは、グラン・クリュ (Grand Cru) やプルミエ・クリュ (1er Cru) は無いものの、シャンパーニュにある他のぶどう栽培地区と同等な、高い品質を誇るぶどうとシャンパーニュが生産されています。
コート・デ・バールは、歴史的に大手メゾンが少なく、小規模な生産者が多く、近年では、世界的に高い評価を誇るレコルタン・マニピュラン (Recoltant Manipulant、自家栽培醸造家) が多く見られるようになり、世界中から注目を集めている人気の生産地区になっています。


シャンパーニュのぶどう栽培地区

シャンパーニュのぶどう畑は、幾つかの栽培地区に分かれ、夫々の気温・湿度・日照・土壌の条件に応じて、最適なぶどう品種が選定されています。
格別に素晴らしいぶどうが広がる村は、グラン・クリュ (Grand Cru) やプルミエ・クリュ (1er Cru) に指定されています。
シャンパーニュの名高いぶどう栽培地区として、モンターニュ・ド・ランス (Montagne de Reims)、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ (Vallee de la Marne)、コート・デ・ブラン (Cote des Blancs) の 3 地区が有名であり、それ以外であっても、例えば、コート・デ・バール (Cote des Bar)、コート・ド・セザンヌ (Cote de Sezanne) などの地区からは、極めて品質の高いシャンパーニュが生産されています。
コート・デ・ブラン (Cote des Blancs) コート・デ・バール (Cote des Bar)
コート・ド・セザンヌ (Cote de Sezanne) シャンパーニュ全域 (All Areas of Champagne)

特別なシャンパーニュ

ブラン・ド・ブラン (Blanc de Blancs) ブラン・ド・ノワール (Blanc de Noir)
ヴィンテージ・シャンパーニュ (Vintage Champagne) グラン・クリュ (Grand Cru)
マグナム・シャンパーニュ (Mugnum Champagne)

シャンパーニュ生産者

表示切替: 並び順:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

Pick Up

  • シャンパーニュ(Champagne)のワイン
  • シャブリジェンヌ(Chablisienne)のワイン
  • ルフレーヴ(Leflaive)のワイン
  • ルー・デュモン(Lou Dumont)のワイン

Buyer’s Select

  • ジトン・ペール・エ・フィス(Gitton Pere et Fils)のワイン
  • カーヴェス・メッシアス(Caves Messias)のポートワイン

楽天ペイ
楽天ペイでお支払いただけます。
楽天スーパーポイントを獲得・ご利用いただけます。
ペイペイ (PayPay)
ペイペイ (PayPay) でお支払いただけます。
あとペイディ (Paidy)
あと払いペイディ (Paidy) でお支払いただけます。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日は商品発送、お問い合わせ対応の休業日とさせていただきます
※お届け日は土日祝日もご指定いただけます
※商品のご注文は24時間ホームページより承っております

ポルトガルワイン・フランスワインなど各国ワイン通販 店長のワインブログ
QR

ページトップへ