• ブルゴーニュ・ワイン(Bourgogne Wine)
  • シャンパーニュ (Champagne)
  • ボルドー・ワイン(Bordeaux Wine)
  • アルザス・ワイン(Alsace Wine)
  • ポート・ワイン(Port Wine)
  • マデイラ・ワイン(Madeira Wine)
  • イタリア・ワイン(Italy Wine)
  • バックヴィンテージ特集
  • 白ワインセール
  • 新着ワイン
  • シャンパーニュセール
  • おすすめワイン
  •  
  • ワインセット
  •  
  •  AC ブルゴーニュ・セール
  •  
  • 1,000円台以下のワイン
  • ブルゴーニュ・グラン・クリュ
  •  
  • 売れ筋ランキング
  •  
  • よりどり 3 本、4,950 円
  •  
  • 冬のワインセール (Winter Wine Sale)
  • ブルゴーニュ・プルミエ・クリュ
  •  
  • マルセル・ダイス
  •  
  • ルー・デュモン
  •  
  • ルフレーヴ (Leflaive)
 

ラ・プス・ドール ヴォルネイ 1er Cru レ・カイユレ 2018年(一級畑) 【フランス赤】

価格: ¥11,880 (本体 ¥10,800)
[ポイント還元 118ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

ラ・プス・ドール ヴォルネイ 1er Cru レ・カイユレ 2018年(一級畑) について


ヴォルネイのワインは、フィネス、肉付きと生気を併せ持ち、香り高く、ブルゴーニュの赤ワインの中で最も女性的と言われます。
一級畑「レ・カイユレ」のワインの色は濃く、黒い果実のアロマや燻した香りのニュアンス。ややスパイシーでふっくらと豊満。コート・ド・ボーヌを代表するプルミエ・クリュのひとつ。

レ・カイユレの区画は、砂利を含む泥灰土と石灰質泥灰土壌で構成された表土で、勾配の緩やかな斜面の中腹という理想的な箇所にあり、ヴォルネイの典型ともいえる地形が見られます。
「レ・カイユレ」は純粋で濃密、かつエレガントなワインが生み出されます。さらに、繊細で滑らかな口当たり、バランスのよさとアフターの長さを備えています。

プス・ドールのワインの特徴は、ピュアで洗練されていることです。
果実味、酸、そしてタンニン、それぞれの要素が高次元でバランスよくまとまり、若いうちから十分に楽しめ、熟成にも耐え得るワインです。

タイプ 赤ワイン ミディアムボディ
生産地 フランス ブルゴーニュ
    コート・ド・ボーヌ
    ヴォルネイ
品種  ピノ・ノワール 100%
容量  750ml
格付  A.O.C.ヴォルネイ

ラ・プス・ドール (La Pousse d’Or) について

ラ・プス・ドール ブルゴーニュのドメーヌ
ラ・プス・ドールは、ヴォルネイを本拠とする現存する最も古いドメーヌのひとつ!!
累代に亘って所有する「プス・ドール」の畑をフラグシップに傑出したぶどう畑を幾つも所有!!
ラ・プス・ドール (La Pousse d’Or) は、ヴォルネイ (Volnay) を本拠とし、ドメーヌの起源を 16 世紀まで遡ることのできる現存する最も古いドメーヌの一つです。
ドメーヌは、17 世紀に発展、現在でも使われているプス・ドールの館は、ルイ 14 世の時代に建設されたものです。
ドメーヌの歴史は、フランス革命の頃から記録が残っており、正確に遡ることができます。
例えば、プス・ドールの館前あるプス・ドールの単独所有畑 (Monopole)、ヴォルネイ 1er Cru (一級畑) 「クロ・ドーディニャック」 (Clos d’Audignac) の区画名は、フランス革命時にプス・ドールのオーナーであったピエール・クレマン・ドーディニャック氏 (Pierre Clement Daudignac) の名前から付けられた由緒ある区画です。
プス・ドールの名前は、ドメーヌが設立当初から累代にわたり単独所有 (Monopole) してきた傑出したぶどう畑でドメーヌのフラグシップである、ヴォルネイの 1er Cru (一級畑) 「プス・ドール」 (Pousse d’Or) に由来します。
ブルゴーニュ大公家が所有し、その後フランス王家のものとなったとされる由緒あるぶどう畑であり、長年に亘ってプス・ドールが所有してきました。
しかしながら、1967年に、フランス政府は、ドメーヌが一つの畑でしかワインを造っていない場合を除き、区画名をドメーヌの名称に用いてはならないと決定します。
これを受けて、プス・ドールはやむなく、区画名を「プス・ドール」 (Pousse d’Or) から「ブス・ドール」 (Bousse d’Or) に変更することを請願することにし、フランス政府から承認を得ました。
ところで、何故か「ロマネ・コンティ」 (Romanee Conti) だけは別扱いとなりましたが、ワイン評論家のマット・クレイマー氏は、「フランス人は、王権に縁のあるものには、とても弱いため」と著書の中で書いています。
ラ・プス・ドール ブルゴーニュのドメーヌ
伝説的醸造家、ジェラール・ポテル氏によりドメーヌは大きく飛躍!!
その後、パトリック・ランタンジェ氏が最新設備を導入し、極上のワインを生み出す!!
プス・ドールは、かつて、「ロマネ・コンティ」 (Romanee Conti) のオーナーであったデュヴォー・ブロシェ氏 (Duvault Blochet) が所有していましたが、1964 年に株主構成の変更があり、他 2 人の投資家と共に、デュヴォー・ブロシェ氏の姪と結婚していた、後に伝説的醸造家と言われるジェラール・ポテル氏 (Gerard Potel) が株主として参加の上、醸造長に就きました。
その後、オーストラリアの投資家たちとジェラール・ポテル氏が半分ずつ株式を所有しました。
プス・ドールは、ジェラール・ポテル氏の卓越した手腕のもと、大きく名声を高め飛躍していきます。
しかしながら、ジェラール・ポテル氏は、1997 年に 61 歳で急死、プス・ドールは売却されることになりました。
当時、医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功したパトリック・ランダンジェ氏 (Patrick Landanger) は、ヴォーヌ・ロマネ (Vosne Romanee) に別荘を持ち、いつかはドメーヌを所有・運営したいと考えていました。
そんな折、プス・ドール売却の話を耳にし、ドメーヌを購入しました。
パトリック・ランタンジェ氏は、ドメーヌ購入後、直ぐに 2 ~ 3 百万ユーロを投じ、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備を一新します。
1999 年に完成した醸造施設は 6 層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みにしました。
ラ・プス・ドールのワイン
プス・ドールは、7 つの Grand Cru (特級畑)、3 つの単独所有畑を含む 11 の 1er Cru (一級畑) を所有する錚々たるラインナップ!!
パトリック・ランダンジェ氏が投資したのは、設備だけに止まらず、ぶどう畑の拡張にも取り組みました。
先ず、1998 年に Grand Cru (特級畑) 「コルトン・クロ・デュ・ロワ」 (Corton Clos du Roi)、「コルトン・ブレッサンド」 (Corton Bressandes)、2004年にピュリニー・モンラッシェの 1er Cru (一級畑) 「カイユレ」 (Cailleret) を取得します。
そして、2008年にはシャンボール・ミュジニーの「ドメーヌ・モワンヌ・ユドロ」 (Domaine Moine Hudelot) を買い取り村名格付けのシャンボール・ミュジニー、1er Cru (一級畑) 「グロゼイユ」 (Groseilles)、「フースロット」 (Feusselottes)、「シャルム」 (Charmes)、「レ・ザムルーズ」 (Les Amoureuses)、そして、Grand Cru (特級畑) 「ボンヌ・マール」 (Bonnes-Mares) をラインナップに収めました。
現在、プス・ドールは、7 つの Grand Cru (特級畑)、3 つの単独所有畑 (Monopole) を含む 11 の 1er Cru (一級畑) など錚々たるぶどう畑を所有しています。
これらの素晴らしいぶどう畑には、パトリック・ランタンジェ氏のもと、「ビオロジック」 (Biologique) 農法を採用しています。
2013年から、息子のブノワ・ランダンジェ (Benoit Landanger) 氏がドメーヌに参加、2014年には、栽培責任者としてユベール・ロシニョール (Hubert Rossignol) 氏を迎え、「ビオディナミ」へ (Biodynamie) の転換を開始、近いうちに認証の取得が完了する見通しです。
ラ・プス・ドールのワイン
ピュアで洗練され、味わいの要素が高次元で纏まる素晴らしいワインを生産!!
新当主・ブノワ・ランダンジェ氏のもと、更なる発展と進化を期待できるブルゴーニュの注目ドメーヌ!!
プス・ドールのワインの特徴は、ピュアで洗練されていることです。
果実味、酸、そしてタンニン、それぞれの要素が高次元でバランスよくまとまり、若いうちから十分に楽しめ、熟成にも耐え得るワインです。
特に、プス・ドールがヴォルネイに所有する 3 つの単独所有畑 (Monpole) は、評価が高く、とりわけフラグシップであるヴォルネイ 1er Cru (一級畑)「クロ・ド・ラ・ブス・ドール」は、力強さとエレガンスが共存する傑出した逸品です。
他の単独所有畑 (Monopole) は、ヴォルネイ 1er Cru (一級畑) のフランス革命時におけるオーナーの名前に由来する「クロ・ドーディニャック」 (Clos d’Audignac)、Grand Cru (特級畑) に比肩する「レ・カイユレ」 (Les Cailleret) 区画内にある「クロ・デ・スワッサント・ウーヴレ・アン・アンフォ-ル」 (Clos des 60 Ouvrees Eleve en Amphore) であり、同様に極めて評価が高く、Grand Cru (特級畑) と同水準にある極上ワインとして知られています。
2018 年、パトリック・ランダンジェの息子ブノワ・ランダンジェが当主に就任しました。
エンジニアのバックグラウンドを持ちながら、ワイン造りにも関わり、2014 年から2017 年ヴィンテージまで父と共に醸造に携わりました。
2018 年からは、彼ひとりで醸造したヴィンテージとなっていますが、ドメーヌが所有するその卓越したテロワールをもつ区画から最高のワインを造るべく、ブノワは「正確さ」を常に追求しています。
ビオディナミへの転換の他、醸造では「アンフォラ」 (Amphora) を採用するなど、ドメーヌはさらなる工夫と発展を続けており、新しい当主のもと、今後の進化に目が離せないブルゴーニュの注目生産者です。
ラ・プス・ドールの家族

ラ・プス・ドール (La Pousse d’Or) のワインを検索

Pick Up

  • シャンパーニュ(Champagne)のワイン
  • シャブリジェンヌ(Chablisienne)のワイン
  • ルフレーヴ(Leflaive)のワイン
  • ルー・デュモン(Lou Dumont)のワイン

Buyer’s Select

  • ジトン・ペール・エ・フィス(Gitton Pere et Fils)のワイン
  • カーヴェス・メッシアス(Caves Messias)のポートワイン

楽天ペイ
楽天ペイでお支払いただけます。
楽天スーパーポイントを獲得・ご利用いただけます。
ペイペイ (PayPay)
ペイペイ (PayPay) でお支払いただけます。
あとペイディ (Paidy)
あと払いペイディ (Paidy) でお支払いただけます。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日は商品発送、お問い合わせ対応の休業日とさせていただきます
※お届け日は土日祝日もご指定いただけます
※商品のご注文は24時間ホームページより承っております

ポルトガルワイン・フランスワインなど各国ワイン通販 店長のワインブログ
QR

ページトップへ